ご挨拶

早いもので、サークル・ダルメシアンの活動も22年が経過しました。

自分探しは勿論の事、多くの方にご理解・ご協力を得ながら、大勢の苦しむ方々に関わり、数えきれない程、問題も解決してまいりました。

そんな中、私のカウンセリング・スキルを学びたいと、私の元で地道に学ぶ方も増え、嬉しい事に私が編み出した独自の「岡田式AC判別法」を正しく理解し、プロの心理カウンセラーとして、多くの方々を助けてくれる継承者も育ってきました。

長年の研究で分かったことは、虐待の問題は、戦争が無くならないのと同じで、ある一部の人間たちの利害の為に、この先も決してなくなることはないでしょう。

しかし、私のような体験者たちは幼少期から、地獄の体験を重ねており、その苦しみも、年を重ねれば重ねるほど、問題も深くなり、苦しみも倍増します。

そこには自分では気が付くことの出来ない、思考・行動パターンがあるからです。

そして、その思考・行動パターンは悪い親に植え付けられた、「悪癖」であるのですが、無知な心理関係者たちは「心の病」としてしまうために、彼らと関わったが最後、より苦しむことになるのです。

現代の日本には、成人(20才を過ぎても)でありながら、幼児化してしまった日本人や、多くの外国人が共存しており、考え方は全く違います。

なぜならば、彼らの育った文化や宗教、親の関わり方が違うからです。

だからこそ、私が提唱する「200%のアダルトチルドレン」にのみ、理解することのできる理論を、虐待心理研究所を通じて伝えたいと思いました。

そして、私の命が尽きたあとも十分使える理論として、継承者に残したいと考えたからです。

 

★実際に作り出すと、22年間の活動で作った資料や、活動の内容を分かりやすくまとめるには、かなりの分量があり、限られた時間の中で完成させるには、莫大な時間がかかりそうです。          

出来るところから少しづつ掲載して行きますので、そのプロセスも楽しんでいただければと思います。

 

 


この研究所は、私の集大成です。
私が関われるタイプの人には、このサイトの内容だけでも十分に「答え」を見つける事が出来るはずです。

 

コンテンツ

    少女

 

 

 

  ♪1996年、岡田ユキが♪
いじめ・虐待防止の市民活動団体
サークル・ダルメシアン」を
立ち上げました。   
岡田自身の子育てや幼少期に親から虐待を受けた苦しみを乗り越えた体験を元に、同じような苦しみを抱えている人たちの問題解決になればとの思いで、活動していたところ、仕事仲間の音楽家たちが賛同して集まりました。 ♪♪♪